ノウハウ・提言・コラム

TOP > ノウハウ・提言・コラム > 展示会・成功・コツ・顧客と対立してしまう

展示会・成功・コツ・顧客と対立してしまう

商品の購入は同志関係のスタート地点

こんにちは!

エンタテイメント営業 総帥の

清永健一です。

 

前回のコラムで、

営業マンとお客様が、

共通の目標に対して、

問題解決を目指す同志になる

と言いました。

当たり前ですが、

顧客の問題解決は、

商品の購入後にスタートします。

 

そうなのです。

顧客にとって、

商品の購入は、

問題解決のスタート地点なのです。

そして、営業マンと顧客は、

共通の目標に対して

共に問題解決を目指す同志ですから、

「営業マンにとっての商品の販売」

=「顧客にとっての商品の購入」は、

営業マンと顧客の

同志関係のスタート地点でもあるのです。

 

 

同じ志を持つ同志として、

自分が販売した商品によって、

どの程度、

顧客の問題が解決されているか?が

気になるはずです。

 

気になるなら、販売後、

しばらくしたらお客さんのところへ行って、

こう聞けばいいでしょう。

 

「お客さん どうですか? 

目標像を達成できてますか?」

 

お客さんが

「うん。まだ全てではないけど、

よい感じだよ。

あと2ヶ月もしたら達成できそうな感じだよ」

と言ってくれたら、

同志として

共に喜びを

分かち合いましょう。

 

「マジですか!おれ うれしいですよ」と。

まさに、営業という仕事の醍醐味を味わう瞬間ですね♪

 

では、お客さんからの回答が

色よい返事でなかった場合は

どうすればよいのでしょうか?

長くなりました。

次回は、商品購入後の

お客さんの目標像の達成状況が

イマイチ芳しくない場合について

考えていきますね。

PageTop