旭山動物園にみる絶対に成果の出る展示会出展の鉄則

展示会営業(R)コンサルタントの清永です。
先日、札幌出張の帰りに、
旭川市の旭山動物園に寄ってきましたよ。

 
 

旭山動物園の人気の秘密とは?

旭山動物園は、言わずと知れた
上野動物園、東山動物園に次ぐ日本第三位の
来場者数を誇る日本最北端にある人気動物園です。

でも、旭山動物園って
なんでそんなに人気があるのでしょうか?

よく考えてみると、

 ・交通の便が悪い ←実際、札幌から2時間半かかりました(汗)
 ・パンダやラッコなどのスター動物はいない
 ・市立なので予算も職員も少ない

のないない尽くしです。

そんな、旭山動物園の人気の秘密は、
『行動展示』だと言われています。

ウィキペディアにも

‘‘日本の動物園で一般的な、
動物の姿形を見せることに主眼を置いた「形態展示」ではなく、
行動や生活を見せる「行動展示」を導入したことで注目を集めた。“

と書かれています。

なので、清永も、
展示会営業(R)コンサルタントとして
行動展示の真髄を見たい! と思って
旭山動物園に行ったのですが・・・

行動展示ってすごい?

行ってみると、ちょっとちがった感想を持ちました。
行動展示も確かにすごいんです。
たとえば、こんな感じ。

垂直方向への泳ぎが得意なアザラシの様子を
円柱水槽でじっくり見せてくれます。

他にも、
・ミサイルのように高速で泳ぐペンギン や
・水中にド迫力のダイブをするホッキョクグマ が
見られるように展示されています。

清永は、
アザラシは水平に泳ぐもので、
ペンギンはヨチヨチ歩くもので、
ホッキョクグマは地上でのんびりしているものと
思っていたので、度肝を抜かれました。

来場者に対する見せ方・見え方が大事なのは、
動物園も展示会もまったく同じだ! と
得心しましたよ。

ここまでは、ある意味予想通りだったのですが・・・

園内を歩いていると、
実は旭山動物園のホントのスゴさは、別のところにある
と気づいてしまったのです。

ヒントは常に現場にあり!

やはり、聞くと見るとでは大違いですね。

で、清永が思う旭山動物園の本当のスゴさとは、
何かと言うと・・・

この写真を見てください。

園内の至るところに、
こんな風に
「命の輝きを伝える」というメッセージを
掲げているのです。

こんなのもあります。

旭山動物園のコンセプトは、
 ◆だれに:
わざわざ日本先北端の動物園に来てくれた来場者に
 ◆何を:
  「命の輝くを伝える」というメッセージを
 ◆どのように:
  動物の自然本来の姿を見ることのできる
「行動展示」という方法で見せる
というものになるのだと思います。
(清永が勝手に言っているだけで、
 旭山動物園さんに確認を取ったわけではありません。)

つまり、動物の「行動展示」は、
「命の輝くを伝える」ための
手段にすぎないということです。

コンセプトを練り上げろ!

この発想、展示会でもめちゃくちゃ重要です。
ブースの見せ方は大事、
でも、それ以上にコンセプトはもっと重要です。

にもかかわらず多くの企業が、
せっかく時間とお金をかけて
展示会に出展しているのに、
出展コンセプトが明確になっていません。

あなたの会社の展示会出展コンセプトは、
どういったものでしょうか?

『だれに』『何を』『どのように』

提供しますか?

ぜひ、旭山動物園を例としてぜひ考えてみてください。

このセミナーに参加すると、
成果の上がる出展コンセプトの立て方がわかります。
     ↓   ↓   ↓ 

関連記事

  1. 展示会ブース!たったこれだけで成果が段違い!

  2. 成果が出る展示会の選び方!出展する展示会選びをまちがえない3つのステッ…

  3. 肉あんかけチャーハンに見る成功する展示会出展コンセプト

  4. 展示会で自社の強みをアピールすると成果が出ない理由とは?

  5. 盲点!展示会で成果を出すための目標設定法はコレ!

  6. 営業戦略に展示会を組み込むコツ