展示会成功の極意は高川山にアリ!

こんにちは!
展示会営業(R)コンサルタントの清永です。
 
先日、高川山に登ってきましたよ。
高川山は、山梨県都留市と大月市の境にある標高975.7mの山です。
自然に包まれながら、紅葉を満喫してきましたよ(^-^)

 
山頂から富士山を一望できるというので、
楽しみに登ったのですが、前日の雨の影響でしょうか?
残念ながら雲がかかっていて富士山、見えませんでした(涙)
 
でもね・・・山頂で展示会で成果を出すためのヒントを
見つけてきましたよ。

高川山に展示会営業Ⓡの極意あり

というのも、山頂に「あるもの」があったんです。
「あるもの」というのは、コレ。

 
この山頂の標識の左下に注目してみてください。
QRコードがあるでしょ。
そして、このQRコードには、「ご褒美画像はコチラ!」
とあります。
 
頂上まで必死で登った。
ちょっとした疲労感と達成感に包まれている。
そんな時に、「ご、ご、ごごほうびぃ~!」
 
そりゃ~、
このQRコードを読み込みたくなるのが人情ってもんですよね。
見事です。
 
お気づきでしょうか?
これって展示会でも同じです。
 
来場者とブースで会話して盛り上がるのは、
もちろんよいのです。
でも、それだけで終わっては展示会では
成果はでません。
 
なぜなら、
『展示会 その場で売れることはない!』
だからです。

次につながる行動要請をあらかじめつくっておく

では、どうすればいいのでしょうか?
 
正解は、
 
『魅力的な特典企画をつくって、
 次につなげる行動要請をあらかじめつくっておく』
 
です。
※「次につなげる行動要請については、
このコラムも見てみてくださいね」
 
つまり、

  • 頂上を目指して紅葉を楽しみながら登る
           ブースで盛り上がる
  • 山頂の標識にQRコードを仕込んでおく
           魅力的な特典企画をあらかじめつくっておく

ということなんです。

「また会いたい」と思わせる

 

しかも、
このQRコードが秀逸なんです。
開くと、こんな画像が出てきました。
 

 
まさに、ご褒美画像!
この画像を見たとき、清永はこう思いました。
 
「あらためて、富士山が見える日に登りに来よう!」
 
来場者自身が、「また会いたい」と自ら思うように、
一気通貫で導線設計をしているんです。
 
高川山は、展示会営業(R)の名手ですね。
やるな!高川山!
 
そんなことを感じた週末でした。

 

このセミナーに参加すると、魅力的な特典企画のつくり方や、
一気通貫の導線設計の方法がわかります。

関連記事

  1. 展示会パネルやブースデザインよりも重要なたったひとつのこと

  2. コッソリ教える!展示会での来場者からの疑いの晴らし方

  3. 展示会で行列をつくるブース装飾の極意とは?

  4. 法人営業 コッソリ教える!展示会営業成功事例

  5. 葛飾北斎に学ぶ展示会で成果を出す最後の秘訣!

  6. 旭山動物園にみる絶対に成果の出る展示会出展の鉄則

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。