展示会・成功・コツ・指示しないと動かない

自己効力感と学習クエスト2

こんにちは!

エンタメセールス®総帥きよながです。

前回に引き続き、動機付けというテーマに

切り込んでいきます。

 

「おい!お前、

せめて給料分くらい稼いで来い!」

と回避モチベーションを刺激すると、

「もうダメだ~。おれには無理だ~」

となって、退職してしまいます。

 

 

だから

「営業をゲーム化して楽しもうよ♪」

と接近モチベーションを

刺激してみましょう。

 

すると、最初はしぶしぶでも

「ゲームかぁ。まぁ乗せられてみるか」

と取り組みを始めます。

 

 

この段階ではまだ、

外発的に動機付けられた状態です。

 

 

しかし、やっているうちに

「なんか段々上手くなってきたかも」

となり、さらに

「あれ?なんか楽しくなってきたかもしれない」

と思うようになることがあります。

 

徐々に内発的動機付けが

芽吹いてきています。

 

 

そして、最終的には

「あ!この仕事好きかも。色々工夫してみよう」

と内発的動機付け状態になるのです。

最初は、やらされ感満載でも

構わないのです。

 

ゲームを上手くデザインして

面白く取り組めるようにしながら

やればできるという自信(自己効力感)を

感じやすくしましょう。

 

自己効力感を持てば

さらにゲームにのめり込みます。

 

ゲームにのめり込めば、

ゲームに忍ばせておいた

学習クエストによって

仕事上の成長を遂げるのです。

 

 

成長して仕事が上達すれば、

仕事そのものが面白くなって、

内発的動機付けで

仕事をするようになります。

 

あなたの会社も

営業をゲーム化すると同時に、

ゲーミフィケーションの限界を踏まえて、

内発的動機付けで

イキイキと働く人材を

生み出してほしい

強く思います。

関連記事

  1. 展示会でライバルを出し抜き、成果を生み出す逆転の発想!

  2. 展示会で行列をつくるブース装飾の極意とは?

  3. 法人営業 コッソリ教える!展示会営業成功事例

  4. BtoB営業こそ、展示会で想いや志を語ろう!

  5. 展示会出展を成功に導くもっとも威力ある方法とは?

  6. 展示会ブース!たったこれだけで成果が段違い!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。